トップページ

    このサイトではロールスロイスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ロールスロイスの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のロールスロイスを高く買い取ってもらうために外せないのが「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1つの業者だけとかロールスロイスの正規ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、ロールスロイス(Rolls-Royce Motor Cars)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大で50社にロールスロイスの買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも対応していて無料です。

    「ロールスロイスを高く売却したいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているロールスロイスの買取相場分かりますし、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車のロールスロイスを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ロールスロイスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の買取会社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちのロールスロイスの買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのロールスロイスであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がロールスロイスを査定してくれるので、最高の買取価格を出してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたロールスロイスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社がイギリス車のロールスロイスを査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に依頼をしてイギリス車のロールスロイスを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した中古車の買取業者なので、イギリス車のロールスロイスなら日本車メインの買取店より高額査定が実現することがあります。
    なので、イギリス車のロールスロイスなら最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取査定額を比べてみてください。

    いろんな買取専門業者に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたロールスロイスを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は多走行車と言われていて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、査定金額がつかない場合も多いです。

    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、万が一隠して買取査定に持って行っても瞬時に判明してしまいます。

    車体のキズなどが軽く、適切な処理が施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、素直に話すことも重要でしょう。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように0円査定と言われてしまったときには、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、特別に前もって準備することはないでしょう。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等のいくつかの書類が必要になるのです。

    引越や結婚などで車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかしわざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。

    それに、中古車販売店の方でいまどき風のタイヤに付け替えることが一般的ですから、交換した甲斐がありません。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はあっても極めて少ないです。

    手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで逆に損するケースがほとんどです。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、車に損傷が生じた場合、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですからそうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それはケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社は保険金の支払い対象として認めることはほぼないです。

    裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士に相談する以外、手はありません。

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、さまざまな業者から電話がかかってきます。

    確実な買取額は実物の状態次第で決まるので、訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    どんなにこちらの事情を説明しても電話を繰り返しかけてくる会社もあるようですから、面倒なときはもう売却済みですと伝えるのも効果的です。

    でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ない一括査定サービスを利用するのも手です。

    いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、皆一様に車の査定をお願いする事を相見積もりと呼んでいます。

    相見積もりをしてもらうと何が得かというと、査定スタッフが同時に価格を提示することで価格競争になり査定額が上がることです。

    なるべく相見積もりはしたくないという業者もいますが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は車を購入したいという意欲が高いところがほとんどで、業者同士の価格競争が激化することに期待が持てますね。

    幾らかでも高く車を売るためには抜群に効果的な方法なのです。

    全部が全部という訳ではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    一個人が持っている車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    使用目的がレジャー等でも使うということになると、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明点は確定申告のときに税務署のスタッフに聞いてみてください。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、契約成立後になってはじめて問題に気付きましたといわれて実際の買取金額を下げる時があるので要注意です。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば売却する方に責任があるでしょう。

    そのようなことがないケースでは、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。